ハイドロキノンの効果、副作用

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれる、シミに有効な成分です。
欧米では昔から使われている成分ですが、日本では2,001年の薬事法改正によって化粧品の使用が認められました。

 

ハイドロキノンはシミの元になるチロシナーゼ酵素を阻害する効果をはじめ、出来てしまったシミを薄くする作用があります。
ビタミンCやアルブチンなどの美白有効成分に比べると強い美白効果があります。

 

 

ただ、ハイドロキノンは効果が強い分、刺激もあります。
ハイドロキノン自体は熱や光、酸素に弱いために酸化しやすく、肌に刺激を与えます。
その為、ハイドロキノンクリームは夜寝る前に塗り、付けたまま外に出ないことを推奨しています。

 

ハイドロキノンの化粧品への配合は2%程度が一般的です。
5%を超えてくるとかなり刺激が強くなり、濃度が高いハイドロキノンは皮膚科での処方が一般的です。
あまりに濃度が高いと白斑などを引き起こす可能性もあるので、使用には十分な注意が必要です。

 

 

ハイドロキノンのクリームを配合した化粧品で有名なのがビーグレンです。
ビーグレンの美白シリーズにはハイドロキノンクリームのほかに、化粧水、美容液があります。

 

化粧水にはビタミンC誘導体、美容液にはアルブチンが配合されています。
どちらもシミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害する作用があり、シミが出来るのを予防します。

 

ビーグレンの化粧品はキューソームテクノロジーを採用しています。
これは美容成分を皮脂に近い超微小のカプセルで包み込んで、角質の奥まで浸透させる技術です。

 

 

超微粒子のカプセル化によって、美白成分が角質の奥まで浸透し、メラニン色素にしっかり働きかけます。
ハイドロキノンが出来たシミに働きかけ、ビタミンCは抗酸化作用で活性酸素を抑制したり、コラーゲン合成をサポートします。