シミを改善して美白対策

美白になる方法として一般的なのが美白化粧品です。
ただ、美白化粧品を使った効果には個人差があります。シミの原因に加え、どの程度シミが濃くなっているかによって効果の実感はことなるのは当然です。
シミの多くは紫外線が原因の老人性色素斑です。30代後半くらいからシミとして目立ち始めます。

 

 

美白化粧品は日差しが強い時だけでなく、日常的に使い続ける事が重要です。
日々の紫外線の蓄積、ターンオーバーの乱れなどもあるので、日頃からしっかりと美白化粧品を使い続ける事をおすすめします。
美白化粧品には化粧水、美容液、クリームをはじめ、日焼け止めやファンデーションを使用します。

 

 

 

 

 

シミは放置すると、どんどん濃くなります。少しでもシミがきになりはじめたら、すぐに美白化粧品を使うことです。
ビタミンC、アルブチンなどの美白成分の多くはチロシナーゼ酵素を阻害してメラニン色素の生成を抑える事が目的です。
そのため、出来てしまったシミに対しての効果には限界があります。シミができないように予防する働きをします。

 

 

最近では「ハイドロキノン」という美白成分を配合した化粧品が登場しています。
ハイドロキノンは欧米ではシミ、美白ケアでポピュラーな成分ですが、日本では2001年に解禁されました。

 

ハイドロキノンは出来てしまったシミにも効果がある成分です。ただ、刺激が強いため、化粧品では2%程度の濃度で販売されています。
シミ対策化粧品でなかなか効果が出ない時はハイドロキノン配合の美白化粧品がおすすめです。

 

 

また、美白化粧品で外側からシミにアプローチするだけでなく、体の中からもシミを改善していくことが大事です。
美白効果のあるビタミンCを積極的に摂る事はおすすめです。食事やサプリで補給する事が可能です。
さらに、食事や運動で代謝を良くすることで肌のターンオーバーを促進しながら、美白化粧品を使い続ける事がシミ対策では重要です。

 

シミの種類

シミの種類には色々なタイプがあります。シミの種類によってシミを改善する方法を変える必要があります。

 

 

シミで最も多いのが紫外線によって出来る老人性色素斑です。
紫外線を浴びつけることでメラニン色素が沈着する40代に多いシミです。
日頃から美白化粧品やUVケアをしっかりすることが重要です。なるべく紫外線を浴びないようにする事も大切です。

 

 

 

 

昔からファンデーションなどをあまりしていない女性は特に注意が必要です。40代になって突然シミができることもあります。。
シミが目立ちはじめたら、なるべく早く美白成分を配合した美白化粧品を使用します。
美白成分ではシミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害するビタミンC誘導体、アルブチンなどがあります。
その他には出来てしまったシミにも有効なハイドロキノン配合の美白化粧品が人気です。

 

 

他に女性ホルモンの影響で出来る肝斑というシミがあります。肝斑は左右対称に出来るシミです。
出産後や更年期になると増え始めます。美白化粧品よりもトランシーノなどの内服薬で治療するのが一般的です。

 

 

鼻を中心にポツポツとしたシミはソバカスです。遺伝的要素が強く、レーザー治療が一般的です。

 

 

ニキビや傷口などの炎症によって出来るのが炎症性色素沈着です。炎症による色素が皮膚に残ったシミです。
ビタミンC誘導体を配合した美白化粧品は炎症による色素を薄くする働きがあり、おすすめです。

 

 

老人性色素斑がひどくなると脂漏症角化症になります。シミが盛り上がってしまい、美白化粧品では消えません。
改善にはレーザー治療が必要になります。

 

 

春以降に欠かせない紫外線対策

外出する機会が増える春、夏は美白のためにも最も注意しなければならなりません。紫外線が最も強くなるからです。
お肌の美白、シミ対策のためにも紫外線のためのケアをしっかり行う必要があります。

 

 

シミは老化現象のひとつです。特に頬、目の周りなどに出来る事が多いですが、
乾燥肌であったり色白肌の方ほど出来やすいと言われています。
乾燥肌は紫外線などの外部刺激が角質層の内部に入りやすく、シミができやすくなります。

 

 

シミの主な原因は紫外線です。紫外線を浴びることでメラニン色素が生成されます。
若い頃はお肌は常に新陳代謝によって新しく生まれ変わっていきます。

 

 

しかし、30代を超えてくると新陳代謝が低下してきます。
一定の周期で再生されている事をターンオーバーと言いますが、このターンオーバーが乱れる事で、
メラニン色素が除去されなくなり、色素沈着を起こしてシミになってしまいます。

 

 

 

 

この色素沈着が起こる理由は、紫外線をあびることで発生する伝達物質(エンドセリン)、メラノサイトによるメラニン色素生成、ターンオーバーの低下です。
また、若いうちに紫外線ケアを怠る事で、40歳前後くらいになってシミとなってしまう場合もあります。
日差しが強い時の外出時には念入りに日焼け止めを塗ったり、日傘やサングラスで紫外線をブロックする事をおすすめします。

 

 

紫外線対策には日焼け止めかパウダーファンデーションがおすすめです。
外に長くいる場合はSPFとPAが高いタイプの日焼け止めをする事をおすすめします。ただSPFが高いと刺激が強くなります。
敏感肌の場合は油分を使わないミネラルファンデーションがおすすめです。

 

 

 

そして、紫外線を浴びてしまったら、アフターケアも重要です。
美白効果のあるビタミンC誘導体が配合されている化粧水などを使用する事で火照りを抑えて、色素沈着を予防する事ができます。
ビタミンCにはシミ予防だけでなく、活性酸素の阻害作用もあります。

 

シミの原因はUVB波と呼ばれる紫外線で、サンバーンを引き起こし、活性酸素や炎症を引き起こします。
日頃のスキンケアを正しく行いつつ、紫外線対策を怠らない日々の積み重ねが美白キープにつながるので、ぜひ実践しましょう。

 

 

 

 

 

更新履歴